蝶の楽園、タイの「ケーンクラチャン国立公園」に行ってきた

タイ最大の国立公園である「ケーンクラチャン国立公園」に行ってきました。
※ひたすら蝶の写真が続きます。

バンコクから車で3時間


タイの首都・バンコクから西へ、車で3時間ほど。
ミャンマーとの国境に位置しています。

憧れの楽園へ


夢にまで見た聖地!
蝶は午前中が狙い目なので、10時ごろ到着しました。


実は、小学生時代は蝶マニアで、プロジャグラーになるか、昆虫館の学芸員になるか、真剣に悩んだほどです。

想像を絶する数!


カメラ小僧たち。


?????


!!!!!


どんだけ!(歓喜)

初めて見るタイの蝶たち


日本では見られない、熱帯系の蝶がたくさん。


ベニモンアゲハ(Pachiliopta aristolochiae)
漂う貴婦人感。残念ながら生では見られず。


アリステウスオナガタイマイ(Graphium aristeus hermocrates)
いかにも熱帯っぽいですね。上品で美しい。


ムモンキチョウ(Gandaca harina burmana)
翅の裏に模様がないキチョウはこの子だけ。


ランガシロミスジ(Athyma ranga)
渋いですね。テリトリーを強く主張しています。


クロタテハモドキ(Junonia iphita)
色は地味ですが、今回のベストショット。


リカエニナニセキララシジミ(Anthene lycaenina)
珍しく翅を開いている瞬間を撮れました。


ヒトの汗が大好きなようで、ずっとくっついてきます。


かわいい。


テミレイシガケチョウ(Cyrestis themire)
イシガケチョウには珍しく、翅を閉じて吸水します。


一番左は、クロアゲハ(Papilio protenor)
日本と違い、尾状突起がないのが新鮮です。


ドゥンヤリクイナズマ(Bassarona dunya)
激しく飛ぶわりには、綺麗な個体で、ちょっとレアかも。


ウスイロネッタイヒョウモン(Cirrochroa tyche)
こちらも飛ぶのが速すぎて、撮影が至難の業です。


チャイロタテハ(Vindula erota)
同じオレンジですが、後翅のシルエットが特徴的。


タイワンスジグロシロチョウ(Cepora nerissa)
いたるところで、集団吸水していました。


ルリモンアゲハ(Papilio paris)
ビロードのような光沢が美しい。イケメンすぎる。


コモンタイマイ(Graphium agamemnon)
ミカドアゲハと間違えそうですが、こちらの方が斑紋が少ないです。

行ってよかった


蝶は地球上に約1万7千種いると言われていて、奥の深い世界です。
タイの蝶は知らない種類も多く、同定が難しかったですが、勉強になりました。

地図