悪の巣窟、香港の安宿「重慶大厦」に宿泊してきた

悪の巣窟として名高い、香港の「重慶大厦(チョンキンマンション)」に宿泊してきました。

重慶大厦とは

重慶大厦(チョンキンマンション)は香港の九龍・尖沙咀地区のネイザンロード(弥敦道)に面して建つ、1960年代に開発された複合ビルである。
本来は1961年に完成した、個人住宅を主な目的とする16階建ておよび17階建のビルの5棟の総称であるが、現在、観光客が集まる繁華街の一等地にありながら、数多くの安宿が密集しているビルとして有名…

重慶大厦 – Wikipedia

バックパッカーのバイブル、沢木耕太郎氏の『深夜特急』にも登場し、世界中の旅人が泊まろうかどうしようか悩むとされる建物です。

Booking.comで予約


100軒以上のゲストハウスの中から、比較的口コミが良さそうな「Las Vegas Guest House」を予約。

230HKD(香港ドル)=約3,200円。
これでも香港では破格のお値段ですが、現地で値切ると、最安値は100HKD(約1,400円)だとか。

到着


「ザ・ペニンシュラ香港」や「シェラトン香港」など、五つ星ホテルが立ち並ぶ香港の中心的歓楽街、尖沙咀(チムサーチョイ)地区のド真ん中に堂々と鎮座しています。

が、明らかにここだけインドの匂いがします。
1階(G階)は売店や両替商、携帯端末店、ぼったくりのカレー屋(美味しいらしい)など。

入り口付近の両替商は、レートが悪いのでご注意を。

内部へ潜入


インド人に「シャチョー、ハッパハッパ!」「ヘイ、マイフレンド!」と声をかけられながら内部へ。
社長でもなければ、友達になった覚えもありません。


エレベーターが完全にカオス。
ご覧の通り、日本人は1人も居ません。
(香港人すら居ません)


左が偶数階、右が奇数階に止まります。
完全にキャパオーバーで、乗るのに10分くらいかかります。


もはや刑務所
部屋が15階なのに、「チェックインは5階だ!」となぜか喧嘩腰で怒鳴られたりしましたが、5階のカウンターでエディ・マーフィみたいな陽気なアフリカ人が手続きしてくれました。


なんとか部屋へ。
思っていたよりはキレイで一安心。


シャワーと一体型のトイレ。
10分間お湯が出ます。


やたら威力の強いクーラー。


差し込むタイプのカードキーがSIMカードで代用されていました。
この適当さがたまらない。


チェックアウトは11:30AM。
「カギは部屋に置いて、そのまま何も言わず出ろ」という斬新なシステムでした。

まとめ

命の危険はありませんでしたが、自己責任でお願いいたします。
退屈な日々にスパイスが欲しい方は要チェック。

データ
店名 重慶大厦(Chungking Mansions)
住所 36-44 Nathan Rd, Tsim Sha Tsui, 香港
エリア 九龍・尖沙咀
アクセス MTR(地下鉄)「尖沙咀」より徒歩約1分
Booking.com 表示する(外部サイト)

地図

理性的に判断すればこんな宿に泊まるべきでないことは明らかだ。危険を覚悟しなくてはならない。場合によっては、身ぐるみはがれてほっぽり出されるかもしれない。しかし、どんな安全そうなホテルに泊まったとしても、盗まれる時には盗まれるのだ。とにかく、ここには私の胸をときめかせる何かがある

『深夜特急〈1〉香港・マカオ』