純粋な芸術こそが、最高のエンタメか。上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ

南青山のジャズ・クラブ「ブルーノート東京」にて、世界的ジャズピアニスト、上原ひろみさんのライブに行って来ました。


名門の面構え。


TONIGHT =「上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ」ジャパンツアー。


エドマール・カスタネーダさんは、南米コロンビア出身の世界最高峰のラテン・ジャズ・ハープ演奏家です。


重厚な扉を開けます。


ジャズの巨匠たち。


言わずもがなソールドアウト必至のため、ブルーノート東京のメンバーズクラブ“JAM SESSION”会員になって、チケットをゲットしました。


ゴードンのGin and Tonicをいただいて、ライブスタート。
登場した瞬間、2人を歓迎するオーディエンスの鳴り止まない拍手に、目頭が熱くなります。

今しか生まれない音楽

「私たちと皆さんで、この日、この場所でしか生まれない音楽を作っていきたいと思います」

2人の超絶的なアドリブは、時には格闘技のようであり、時にはピロートークのようであり、組曲『ジ・エレメンツ』では、その名の通り、風、大地、水、炎のようであり、まるで壮大な旅のリアルタイムな追体験。

88鍵のピアノ+34弦のハープが生み出す、無限大の音楽世界。
音の粒子の一粒一粒が押し寄せては消え、それぞれの観客の人生を鮮やかに彩っていきます。

ハープってこんなすごい楽器なのか

ハープの印象が180度(上原さんの言葉を借りると540度。笑)変わりました。
ギター、ベース、パーカッションを一人三役でやっているかのような姿は、まるで魔法使い。
音楽って自由なんだよな、と改めて気付かされました。

純粋な芸術が、最高のエンタメに成り得る瞬間

究極に洗練された音楽という芸術が、最高のエンターテイメントと化す瞬間を目の当たりにしました。
一般論では理解し得ない現象ですが、「芸術を志向したエンタメ」が、「エンタメを志向したエンタメ」を優雅に超えていくのです。

新しい景色を目の当たりにしたとき、人は涙を流して感動するもの。
観客のそれぞれの人生を祝福するかのような新しい世界。
これを見せてこそアーティストであり、エンターテイナーだと思います。

YouTube

百聞は一見にしかず。
モントリオールでのライブ映像をどうぞ!
7:00あたりからハープ叩きまくってます。